内容証明ってどんな時に使えるの?



内容証明は、例として次のような場合に有効に

使う事ができます


【契約・商取引関連】

■契約解除の通告

■代金の支払い請求

■商品の引き渡し要求

■クーリングオフ通知

■ 契約履行の催促

■ 遅延損害金、損害賠償請求

  その他


【貸金契約関連】

■ 貸金の返金請求

■ 返済期限の猶予の申し立て

■ 過払い利息返還請求

■ 債務が無いことの確認請求

■ 違法な取り立てへの慰謝料請求

  その他


【不動産関連】

■ 賃貸契約の解除・更新請求

■ 売買契約の解約通知

■ 不動産の立ち退き・明け渡し請求

■ 家賃の値上げ・値下げ要求

■ 契約内容の確認・履行の催告

■ 敷金返還請求

 

  その他


【職場関連】

■ 解雇撤回要求

■ 未払い残業代請求

■ セクハラ・パワハラの中止通告

■ 待遇改善要求

■ 不法労働行為の抗議・告発

■ 身元保証契約

  その他


【暮らしのトラブル】

■ 損害賠償請求

■ 慰謝料・養育費の支払い請求

■ 内縁関係・婚約の解消通知

■ 不倫関係中止の要求

■ ストーカーへの警告

  その他 権利・義務に関する通知、事実証明に
  利用できます


そのほかにも、さまざまな使い方があり

法的に正しい手段で

確実にこちらの「意思表示」を相手に伝えて

何らかの処置を取らせたい場合に有効です

詳しくはお尋ね下さい!!



内容証明のスペシャリスト!